補足:走者の帰塁処置
補則:ボールデッドの際の走者の帰塁に関する処置(再録)

(Ⅱ)妨害発生の瞬間すでに占有していた塁に帰らせる場合。


(a)投手の打者への投球に始まった守備を妨げた場合。

1.球審が捕手の送球動作を妨げた場合。
2.打者が捕手の送球動作を妨げた場合。
3.無死または1死で走者が得点しようとしたとき、打者が本塁における守備側のプレイを妨げた場合。
4.打者が空振りしたあと、スイングの余勢で、その所持するバットが捕手または投球に当たり、審判員が故意ではないと判断した場合。

(b)捕手またはその他の野手が打者の打撃を妨害した場合。


(c)走者が故意に送球を妨げた場合。


(d)攻撃側チームのプレーヤーまたはコーチが、必要に応じて自己の占めている場所を譲らないで、送球を処理しようとしている野手を妨げたために、守備妨害でアウトを宣告された場合。


(e)内野手が守備する機会を失った打球(内野手に触れたかどうかを問わない)を走者が故意に蹴ったと審判員が認めた場合。

=ボールを蹴ったときを基準とする。

(f)アウトを宣告されたばかりの打者または走者、あるいは得点したばかりの走者が、野手の次の行為を妨げた場合

=次の行為に移ろうとしたときを基準とする。


(g)1人または2人以上の攻撃側メンバーが、走者が達しようとする塁に接近して立つか、あるいはその塁の付近に集合して守備を妨害するか、惑乱させるか、ことさらに守備を困難にした場合。

=その守備が起ころうとしたときを基準とする。