6.02(d)ペナルティ

(d)ペナルティ

 投手が(c)項(2)~(7)に違反した場合、球審は次のような処置をしなければならない。

(1)投手は直ちに試合から除かれ、自動的に出場停止となる。

 マイナーリーグでは、自動的に10試合の出場停止となる。

(2)球審が違反を宣告したにもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側の監督は、そのプレイが終わってから直ちにそのプレイを生かす旨、球審に通告することができる。

 ただし、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達し、しかも他の全ランナーが次塁に達するか、元の塁に留まっていた(次塁に達するまでにアウトにならなかった)ときには、反則とは関係なくプレイは続けられる。

(3)(2)項の場合でも、投手の反則行為は消滅せず、(1)項の罰則は適用される。

(4)攻撃側の監督がそのプレイを生かすことを選択しなかった場合は、球審は走者がいなければボールを宣告し、走者がいればボークとなる。

(5)投手が各項に違反したかどうかについては、審判員が唯一の決定者である。

【6.02d原注1】

 投手が(c)項(2)または(3)に違反しても、その投球を変化させる意図はなかったと球審が判断した場合は、本項のペナルティを適用せずに警告を発することができる。しかし、投手が違反を繰り返せば、球審はその投手にペナルティを科さなければならない。

【6.02d原注2】

 ロジンバッグにボールが触れたときは、どんなときでもボールインプレイである。
 雨天の場合または競技場が湿っている場合には、審判員は投手にロージンバッグを腰のポケットに入れるよう指示する。(1個のロジンバッグを交互に使用させる)
  投手はこのロジンバッグを用いて、素手にロジンをつけることを許されるが、投手、野手を問わず、プレーヤーは、ロジンバッグで、ボールまたはグラブにロジンをふりかけたり、またはユニフォームのどの部分にも、これをふりかけることは許されない。

【注】

 アマチュア野球では本項ペナルティを適用せず、一度警告を発した後なおこのような行為が継続されたときには、その投手を試合から除く。