審判員の基本的事項と一般的事項

科目 着眼
球審の基本的事項
位置と姿勢 最も自分に適したスタンスの確立
  •  捕手と打者との間からストライクゾーンの全体が見える位置
  •  捕手の頭の上部からやや高めに顎が位置するように
  •  足の位置
判定
  •  ストライクゾーンの確実な把握
  •  予想や埋め合わせ禁物
ジェスチャーとコール
  •  節度を持ち明瞭に
  •  コールのタイミングは早すぎないこと(投球がミットに入ってから)
  •  カウントをコール
球審の一般的事項
試合の準備
  •  早めに球場へ
  •  施設その他の点検
  •  特別規則の確認、あるいは相互の打ち合わせ
装具の取扱い
  •  点検と調整
  •  マスクの取扱い(左手で着脱)









イ.サインの見方
  •  投手が投手板に正しくついているか
ロ.ワインドアッ
  プポジション
  •  投手板と両足の置き方(軸足と自由な足の制限)
  •  インモーション
  •  送球の制限(アマ内規)
ハ.セットポジシ
  ョン
  •  投手板と両足の置き方(軸足と自由な足の制限)
  •  ストレッチ
  •  動作の静止(許されるのは首だけ)
ニ.反則投球
  •  走者なしの時、二段モーション等で投球したものなど
ホ.ボーク
  •  種類
 a 投球の中断
 b 投手板から一塁・三塁への送球の中止
 c 足の踏み出し
 d 走者のいない塁への送球、送球のまね
 e 反則投球
 f 打者に正対しないでの投球
 g 投手板に触れないで投球に関連する動作をした
 h 不必要な遅延行為
 i ボールを持たないでの行為(隠し球)
 j 投手板上で一方の手を離す
 k 投手板上での落球
 l 捕手席外への投球(故意四球)
 m セットポジションで完全に静止しない













イ.判定の範囲
  •  一塁・三塁のベースまでは球審(ファウルフライは別)
ロ.フェア、ファウルのジェスチャー
  •  明確に
  •  ライン付近のフェア、ファウルボールはジェスチャー・コールを強調
ハ.打球について
  •  ライン際の内野ゴロ、フライ、ライナーはラインをまたいで見る
ニ.ファウルフラ
  イの追い方
  •  先ず捕手の動きを見る
  •  一般的なファウルフライとライン際および後方のもの
  •  マスクの扱い方

の本
プ塁
レ周
イ辺
イ.プレイに際しての
  準備動作
  •  あわてない
  •  邪魔になるマスクやバットは速やかにより除く
ロ.フォースプレイと
  タッグプレイ
  •  フォースプレイ、タッグプレイとも角度と距離に注意
  •  外野からの送球に対する位置のとり方






イ.ホームスチール
  •  先ず〝ストライク〟・〝ボール〟をコールし、次に走者の判定をする。その後公式記録員に投球の判定を示す
ロ.ボーク
  •  ポイントをするのか、コールだけか
ハ.タイム
  •  〝タイム〟と明確な動作と発声
ニ.インターフェア
  •  先ず〝インターフェア〟と宣言しジェスチャーで示す
  •  必要に応じて改めて動作で示す
ホ.送球動作の妨害
  •  捕手が走者を刺そうとして送球したもの
A打者の場合
B球審の場合
ヘ.挟撃プレイ
  ランダウンプレイ
  •  深追いは禁物
  •  タッグのときには近づく
  •  ラインアウトに気をとられて、タッグの動作を見落とさないように(ノータッグに注意)
ト.オブストラク
  ション
  • a項かb項か適格な判断と処置
チ.得点の確認
  •  第3アウトが、フォースアウト以外のアウトに注意(タイムプレイ)
  •  アピールアウトの置き換えに注意
リ.故意落球
  •  手かグラブに打球を触れさせ故意に落としたフェアの飛球またはライナー
  •  まず「タイム」と宣告し、野手を右手で指さして「故意落球」と宣告し、打者に「バッターアウト」とコールする
ヌ.インフィールド
  フライ
  •  内野地域に入って大きく「インフィールドフライ」と宣告し「バッターアウト」とコール する(ボールインプレイ)
  •  風が強いときは宣告を早まらないように
  •  「インフィールドフライ・イフ・フェア」の宣告
塁審の基本的事項
  •  ボールから目を離さない








イ.立ち位置
  •  一・三塁塁審はファウルラインの外側に立ち、ライン側の足をラインに沿って置く
  •  一・三塁塁審はベースから約6メートル、野手から後方3~4メートル 
  •  二塁塁審は一・二塁の延長線方向または二・三塁の延長線方向でベースから約8メートル
ロ.姿勢
  • 1球ごとにセットポジション
ハ.判定
  •  先ず、打球を処理する野手に正対し、送球が野手の手を離れて予想されるコースに対し90殿 角度の位置をとり、捕球する野手に目を移し正対する
  •  フォースプレイは走者の足と野手の捕球、触塁の全部が見える距離
  •  セットポジションをとり、プレイを見る
  •  飛球は停止して、捕球を確認する
  •  ジャッジは走りながら行わない
ニ.宣告
  •  ジェスチャーは、スタンディングで行う。
  •  発声は大きく、引き締まったもの
  •  発声のタイミングは早すぎないこと
  •  宣告後もボールから目をすぐ離さない
ホ.フェア、ファウル
  のジェスチャー
  •  フェアボールはフェア地域にポイントする
  •  ファウルボールは向きを問わない(フェア地域は不可)
ヘ.送球がそれて
  タッグプレイに
  変化した場合
  •  タッグプレイの基本は、タッグしたポイントが 確認できるように、野手と走者の間に位置する
ト.外野への打球
  に対する動き
  •  審判メカニクスを参照
  •  追うか追わないか、とっさの判断
  •  飛球は必ず追う。適切な角度をとる
  •  追ったらその場に留まる(ステイアウト)
  •  ファウルライン近くの打球はラインをキープして見通す










イ.位 置
  •  必要に応じて塁に近付く
ロ.けん制球の
  タッグプレイを
  見る位置
  •  送球によってその場でか、移動するか
  •  タッグのよく見える角度が重要
ハ.フォースプレイと
  タッグプレイ
(挟殺プレイも含む)
  •  フォースプレイ、タッグプレイとも 角度と距離に注意
  •  コールは早すぎないこと
  •  確捕の状態を見極めてから宣告する
連けい動作
  •  審判メカニクスに習熟すること
  •  他の塁審の動きに注意し、塁に穴があいたら必ず誰かが埋めること
  •  同時に2人の塁審がかけよって判定を下しそうなときには、一呼吸おいて互いに目をに合わせ、当該審判員が主導権をとること






イ.タッグアップの
  見方
  •  塁から離れ、野手と走者を同一視野に入れる
  •  二人の走者を見ることもある
ロ.アピールプレイ
  •  アピールに対する判定は“セーフ”か“アウト”かのジェスチャーで
ハ.挟撃プレイ
  •  深追いしない
  •  タッグがあった時は近付く
  •  タッグを避けようとして走路(走者と 塁を結ぶ線の左右3フィート=0.91m)外に出たときはラインアウト
ニ.タイム
  •  タイムの要求があってもその時機の是非を判断する
  •  一人が宣告したら同調
ホ.ボーク
  •  直ちに宣告する
  •  特に一・三塁の塁審は投手の足に注意すること
ヘ.守備妨害
  •  打球を処理しようとしている野手の守備が優先
ト.オブストラク
  ション
  (走塁妨害)
  •  ボールを持たない野手が走塁を妨げた
  •  打球が野手の横を抜けた後、その野手と走者が接触した
  •  a項かb項かを瞬時に判断
  •  事後の処理を的確に
チ.追越しアウト
  •  追い越した瞬間、その走者を指さし“追い越しアウト”と宣告し、速やかに 取り除く(ボールインプレイ)
リ.タイムプレイ
  •  第3アウト成立より、以前か以降か
試合の運行について
スピードアップ
  •  初回及び当初交代時のみ準備投球数は8球以内(1分を限度)
  •  以降の準備投球数は4球以内
  •  攻守交代は、かけ足を実行
  •  タイムの制限
  •  その他(連盟取決め事項参照)
抗議の処理法
  •  抗議権のある者かどうかを確認する
  •  必要なことだけを答える
  •  ていねいに応答はしても引き時を誤らない
  •  プレイについて、動作で示さない
審判員相互の協議
  •  協議の招集があれば、自分の意見を率直に
試合前の相互の打合せ
  •  連係動作の打合せや、必要なサインを取り決めておく
暗黒時の処置
  •  夕暮れの試合は、打ち切るタイミングを失すると大きなトラブル の原因となる。もう少しできるかなと思うときが打ち切りどき
  •  大会本部と協議して最終決定
その他
  •  特別継続試合
  •  特別延長戦