p038 用具・装具に関する事項《2020改訂》

1.試合に出場する選手は、安全のためプロテクター、レガーズ、マスク(スロートガード付き)、捕手用ヘルメット、ファウルカップを着用すること。打者、次打者、走者、およびベースコーチは、必ずヘルメットを着用のこと(ベースコーチを除き、いずれも公認された両側か片方にイヤフラップのついたもの)。なお、捕手用ヘルメットとマスクの一体製品は使用を禁止する。


2.スパイクの色は自由とし、全員同色でなくても構わない。


3.サングラスは、大会本部の承認なしに使用できる。《ただし投手は使用できない》


4.ネックウォーマーは、季節を考慮し着用することができる。


5.監督が季節や天候により、グラウンドコートを着用している場合、監督はアピール、選手交代などをするときには、その身分を明らかにするために、グランドコートを脱いで申し出ること。(背番号の確認)


6.ベースコーチと走者となった投手は、グランドコートを着用することができる。

3.03c【注】

7.グラブについて

    • 使用区分
    • 安全上、捕手はキャッチャーミットの使用をお勧めします。
    • 投手用
      1. 縁取りを除き白色、灰色以外のもの。
      2. PANTONE®の色基準14番より薄い色は使用できない。
      3. 縁取り、しめひも、縫い糸を除く本体(補給面、背面・網(ウェブ))は、一色とする。
    • 捕手用
      1. 連盟では規則3.07の「守備位置に関係なく、野手はPANTONEの色基準14番より薄い色のグラブを使用することはできない」は適応しない。

8.《バットは、改造、加工したものは使用できない。》