p033 競技者のマナーに関する事項


マナーアップとフェアプレイの両面から、次のような行為を禁止する。
  1.  捕手が投球を受けたときに意図的にボールをストライクに見せようとミットを動かす行為

  2.  捕手が自分で“ストライク〟・“ボール〟を判定するかのように、球審がコールする前にすぐミットを動かして返球態勢に入る行為

  3.  球審の“ボール〟の宣告にあたかも抗議するかのように、しばらくミットをその場に置いておく行為

  4.  打者がヒジ当てを利用してのヒット・バイ・ピッチ(死球)狙いの行為

  5.  打者がインコースの投球を避ける動きをしながら当たりにゆく行為

  6.  プレイ中みだりにベンチを出る行為

  7.  野手が走者の視界を遮る行為<7.06b−2015>
    1. 走者がタッグアップしているとき、野手が走者の前に立ち視界を遮る行為
    2. 野手が走者の前に立ち、ボールを保持している投手板上の投手への視界を遮る行為