p189 始球式の要領

 守備側チームが守備位置に、塁審も所定の位置に着き、投手が捕手を相手に4球程度の準備投球を終了したら、球審は、待機している始球をする人に新球を渡し、マウンドまで案内する。
(マスクは持参しない)
 投手板についたら(投手板の前方でもよい)、球審は投手板の一塁側に2メートル程度離れて立ち、攻撃側の第1打者を打者席につかせて「プレイ」と宜告する。投手は、投手板の三塁側に2 メートル程度離れて立つ。両チームのベンチにいる者は、全員ベンチ前に整列する。
*投手、捕手、打者を知名人によって行う場合もある。
  1. 始球をする人に、「プレイ」の宜告を聞いてから、投球をするように事前に打ち合わせをしておく。
  2. 球審は、状況が整ったら右手を高く上げて「プレイ」と宜告する。
  3. 打者の空振りを見て「ストライク」とコールする。
  4. 球審は、投球されたボールを捕手から受け取り、退場する始球をした人に脱帽して手渡す。