p188 試合の停止、再開、終了

試合の停止

宣告の時期を見極めて宜告する。

〇宜告用語「タイム」
〇宜告
  • 両手を「ハの字」に開いて高く上げ、前に出るか横に移動して、「タイム」と宜告する。他の審判員も同潤する。

試合の再開

ボールを持った投手が投手板に位置したか、併せて再開の条件が整っているかを確認する。
〇宜告用語「プレイ」
〇宜告
  • 球審は、捕手の後方に立ち、オン・ザ・ラバーのスタンスをとり、投手が正規に投手板に位置したら右手を伸ばして、「プレイ」と宜告する。

試合の終了

試合前の集合と同じ。
〇宜告用語「ゲーム」
〇宜告
  1. 両チームの監督(少年部・学童部は主将)に握手をさせる。
  2. 球審は右手を高く上げて「ゲーム」と宜告する。
  3. 全員脱帽して、相互の礼を交わす。
コールドゲーム
降雨のためコールドゲームとなる場合は、大会本部で両チーム監督に対し、コールドゲームになる旨を説明し、球審はホームプレートに出て「ゲーム」を宜告した後、場内放送を行う。