6.03(a)打者の反則行為によるアウト

6.03(a)打者の反則行為によるアウト
<6.06−2015>
 次の場合、打者は反則行為でアウトになる。

(1)打者が片足または両足を完全にバッタースボックスの外に置いて打った場合。

【原注】

 本項は打者がバッターボックスの外に出てバットにボールを当てた(フェアかファウルかを問わない)とき、アウトを宣告されることを述べている。球審は故意四球が企てられているとき、投球を打とうとする打者の足の位置に特に注意を払わなければならない。打者はバッターボックスから飛び出したり、踏み出して投球を打つことは許されない。

(2)投手が投球姿勢に入ったとき、打者が一方のバッターボックスから他方のバッターボックスに移った場合。

【注】

 投手が投手板に触れて捕手からのサインを見ているとき、打者が一方から他方のバッターボックスに移った場合、本項を適用して打者をアウトとする。

(3)打者がバッターボックスの外に出るか、あるいは何らかの動作によって、本塁での捕手のプレイ及び捕手の守備または送球を妨害した場合。

 しかし例外として、進塁しようとしていた走者がアウトになった場合、および得点しようとした走者が打者の妨害によってアウトの宣告を受けた場合は、打者はアウトにはならない。

【原注】

 打者が捕手を妨害したとき、球審は妨害を宣告しなければならない。打者はアウトになりボールデッドとなる。妨害があったとき、走者は進塁できず、妨害発生の瞬間に占有していたと審判員が判断した塁に帰らなければならない。しかし、妨害されながらも捕手がプレイをして、アウトにしようとした走者がアウトになった場合には、現実には妨害がなかったものと考えられるべきで、その走者がアウトとなり、打者はアウトにはならない。その際、他の走者は、走者がアウトにされたら妨害はなかったものとするという規則によって、進塁も可能である。このような場合、規則違反が宣告されなかったようにプレイは続けられる。
 打者が空振りし、スイングの余勢で、その所持するバットが、捕手または投球に当たり、審判員が故意ではないと」判断した場合は、打者の妨害とはしないが、ボールデッドとして走者の進塁を許さない。打者については第1ストライク、第2ストライクに当たるときは、ただストライクを宣告し、第3ストライクにあたるときは打者をアウトにする(2ストライク後の”ファウルチップ”も含む)。

【注1】

 打者が空振りしなかったとき、投手の投球を捕手がそらし、そのボールがバッターボックス内にいる打者の所持するバットに触れた際は、ボールインプレイである。

【注2】

 本項は、捕手以外の野手の本塁でのプレイを打者が妨害した場合も含む。
 打者に妨害行為があっても走者を現実にアウトにすることができたときには、打者をそのままとして、その走者のアウトを認め、妨害と関係なくプレイは続けられる。しかし、アウトの機会はあっても野手の失策で走者を生かした場合には、現実にアウトが成立していないから、本項の前段を適用して打者をアウトにする。
 なお、捕手からの送球によってランダウンプレイが始まろうとしたら、審判員は直ちにタイムを宣告して打者を妨害によるアウトにし、走者を元の塁に戻す。

(4)打者が、いかなる方法であろうとも、ボールの飛距離を伸ばしたり、異常な反発力を生じさせるように改造、加工したと審判員が判断するバットを使用したり、使用しようとした場合。

 このようなバットには、詰め物をしたり、表面を平らにしたり、釘を打ち付けたり、中をうつろにしたり、溝を付けたり、パラフィン、ワックスなどで覆って、ボールの飛距離を伸ばしたり、異常な反発力を生じさせるようにしたものが含まれる。
 打者がこのようなバットを使用したために起きた進塁は認められない《(バットの使用に起因しない進塁、たとえば盗塁、ボーク、暴投、捕逸を除く)》が、アウトは認められる。
打者はアウトを宣告され試合から除かれ、後日リーグ会長によってペナルティが科される。

【原注】

 打者がこのようなバットを持ってバッターボックスに入れば、打者は規則違反のバットを使用した、あるいは使用しようとしたとみなされる。

【注】

 アマチュア野球では、このようなバットを使用した場合、打者にはアウトを宣告するにとどめる。