6.02(a)ボーク

目次

  1. 1 (1)投手板に触れている投手が、投球に関連する動作を起こしながら、投球を中止した場合。
  2. 2 (2)投手板に触れている投手が、一塁または三塁に送球する真似だけして実際に送球しなかった場合。
  3. 3 (3)投手板に触れている投手が、塁に送球する前に、足を直接その塁の方向に踏み出さなかった場合。
  4. 4 (4)投手板に触れている投手が走者のいない塁へ送球したり送球する真似をした場合。
  5. 5 (5)投手が反則投球をした場合。
  6. 6 (6)投手が打者に正対しないうちに投球した場合。
  7. 7 (7)投手が投手板に触れないで投球に関連する動作をした場合。
  8. 8 (8)投手が不必要に試合を遅延させた場合。
  9. 9 (9)投手がボールを持たないで、投手板に立つか、これをまたいで立つか、あるいは投手板を離れていて投球するまねをした場合。
  10. 10 (10)投手が正規の投球姿勢をとった後、実際に投球するか、塁に送球する場合を除いて、ボールから一方の手を離した場合。
  11. 11 (11)投手板に触れている投手が故意であろうと偶然であろうとボールを落とした場合。
  12. 12 (12)故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合。
  13. 13 (13)投手がセットポジションから投球するに際して完全に静止しないで投球した場合。
(a)ボーク
塁に走者がいるときは、次の場合ボークとなる。
<8.05−2015>

(1)投手板に触れている投手が、投球に関連する動作を起こしながら、投球を中止した場合。

【原注】

 左投げ、右投げ、いずれの投手でも、自由な足を振って投手板の後縁を越えたら、打者へ投球しなければならない。ただし、二塁走者のピックオフプレイのために二塁へ送球することは許される。

(2)投手板に触れている投手が、一塁または三塁に送球する真似だけして実際に送球しなかった場合。

【注】

 投手が投手板に触れているとき、走者のいる二塁へは、その塁の方向に直接ステップすれば儀投してもよいが、一塁または三塁と打者への儀投は許されない。投手が軸足を投手板の後方へはずせば、走者のいるどの塁へもステップしないで儀投してもよいが、打者だけは許されない。

(3)投手板に触れている投手が、塁に送球する前に、足を直接その塁の方向に踏み出さなかった場合。

【原注】

 投手板に触れている投手は、塁に送球する前には直接その塁の方向に自由な足を踏み出すことが要求されている。投手が実際に踏み出さないで、自由な足の向きを変えたり、ちょっと上に上げて回したり、または踏み出す前に身体の向きを変えて送球した場合、ボークである。投手は、塁に送球する前に塁の方向へ直接踏み出さなければならず、踏み出したら送球しなければならない。(二塁については例外。)
 走者一、三塁のとき、投手が走者を三塁に戻すために三塁へ踏み出したが実際に送球しなかったら(軸足は投手板に触れたまま)、ボークとなる。

(4)投手板に触れている投手が走者のいない塁へ送球したり送球する真似をした場合。

 ただし、プレイの必要があれば差し支えない。

【原注】

 投手が走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合、審判員は、それが必要なプレイかどうかを、走者がその塁に進もうとしたか、あるいはその意図が見られたかで判断する。

【問】

 走者一塁のとき、走者のいない二塁に送球したり、または送球する真似をしたらボークか。

【答】

 ボークである。しかし一塁走者が二塁に盗塁しようとしたのを防ぐ目的で、第一動作で二塁の方向に正しく自由な足を踏み出せばボークにならない。なお、投手が投手板を正規にはずせば、ステップをしないで送球してもかまわない。

(5)投手が反則投球をした場合。

【原注】

 クイックピッチは反則投球である。打者が打者席内でまだ十分な構えをしていないとき投球された場合には、審判員は、その投球をクイックピッチと判定する。塁に走者がいればボークとなり、いなければボールである。クイックピッチは危険なので許してはならない。

(6)投手が打者に正対しないうちに投球した場合。


(7)投手が投手板に触れないで投球に関連する動作をした場合。

【問】

 走者一塁のとき、投手が投手板をまたいだままストレッチを始めたがボールを落とした。ボークとなるか。

【答】

 投手が投手板に触れないで投球に関連する動作を起こしているからボークとなる。

(8)投手が不必要に試合を遅延させた場合。

【原注】

 本項は、6.02c8により警告を発せられたときは、適用されない。投手が遅延行為を繰り返して6.02c8により試合から除かれた場合には、あわせて本項のボークも課せられる。5.07cは、塁に走者がいないときだけ適用される。

(9)投手がボールを持たないで、投手板に立つか、これをまたいで立つか、あるいは投手板を離れていて投球するまねをした場合。


(10)投手が正規の投球姿勢をとった後、実際に投球するか、塁に送球する場合を除いて、ボールから一方の手を離した場合。


(11)投手板に触れている投手が故意であろうと偶然であろうとボールを落とした場合。


(12)故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合。

【注】

 〝キャッチャースボックスの外にいる捕手〟とは、捕手がキャッチャースボックス内に両足を入れていないことをいう。従って故意四球が企図されたときに限って、ボールが投手の手を離れないうちに捕手が片足でもボックスの外に出しておれば、本項が適用される。

(13)投手がセットポジションから投球するに際して完全に静止しないで投球した場合。


【ペナルティ】

 (a)項各規定によってボークが宣告されたときは、ボールデッドとなり、各走者は、アウトにされるおそれなく、1個の塁が与えられる。
 ただし、ボークにもかかわらず、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達し、かつ、他のすべての走者が少なくとも1個の塁を進んだときには、このペナルティの前段を適用しないで、プレイはボークと関係なく続けられる。

【規則説明1】

 投手がボークをして、しかも塁または本塁に悪送球(投球を含む)した場合、塁上の走者はボークによって与えられる塁よりもさらに余分の塁へアウトを賭して進塁してもよい。

【規則説明2】

 (a)ペナルティを適用するに際して、走者が進塁しようとする最初の塁を空過し、アピールによってアウトを宣告されても、1個の塁を進んだものと解する。

【注】

 前掲【規則説明1】の〝悪送球〟には投手の悪送球だけでなく、投手からの送球を止め損ねた野手のミスプレイも含まれる。走者が、投手の悪送球または野手のミスプレイによって余塁が奪えそうな状態となり、ボークによって与えられる塁を越えて余分に進もうとしたときには、ボークと関係なくプレイは続けられる。

【6.02原注】

ボークルールの目的は、投手が走者を意図的に騙そうとするのを防ぐためであることを、審判員は心に銘記しなくてはならない。もし審判員の判断で投手の〝意図〟に疑いを抱いたら、審判員は厳重に規則を適用すべきである。