6.01(c)捕手の妨害

(c)捕手の妨害

 捕手またはその他の野手が、打者を妨害(インターフェア)した場合、打者は走者となり、アウトにされる恐れなく、安全に一塁が与えられる。(ただし、打者が一塁に進んで、これに触れることを条件とする)
 しかし、妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側チームの監督は、そのプレイが終わってからただちに、妨害行為に対するペナルティの代わりに、そのプレイを生かす旨を球審に通告することができる。
 ただし妨害にもかかわらず打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達し、しかも他の全走者が少なくとも1個の塁を進んだときは妨害とは関係なくプレイは続けられる。

【原注】

 捕手の妨害が宣告されてもプレイが続けられたときは、そのプレイが終わってからこれを生かしたいと監督が申し出るかもしれないから、球審はそのプレイを継続させる。
 打者走者が一塁を空過したり、走者が次塁を空過しても、【5.06b3付記】に規定されているように、塁に到達したものとみなされる。
 監督がプレイを選ぶ場合の例。
  1. 1アウト走者三塁、打者が捕手に妨げながらも外野に飛球を打ち、捕球後3塁走者が得点した。監督は、打者アウトで得点を記録するのと、走者三塁、一塁(打者が打撃妨害により出塁)とのいずれかを選んでもよい。
  2. 0アウト走者二塁、打者は捕手に妨げながらもバントして走者を三塁に進め、自らは一塁でアウトになった。監督は0アウト走者二塁、一塁とするよりも走者三塁で1アウトとなる方を選んでもよい。
 3塁走者が盗塁またはスクイズプレイにより得点しようとした場合のペナルティは、6.01gに規定されている。
投手が投球する前に、捕手が打者を妨害した場合、打者に対する妨害とは考えられるべきではない。このような場合には、審判員は〝タイム〟を宣告して〝出発点〟からやり直させる。

【注1】

 監督がプレイを生かす旨を球審に通告するに当たっては、プレイが終わったら、ただちに行わなければならない。なお、一旦通告したら、これを取り消すことはできない。

【注2】

 監督が妨害によるペナルティの適用を望んだ場合、次のとおり解釈できる。
 捕手(または他の野手)が打者を妨害した場合、打者には一塁が与えられる。三塁走者が盗塁またはスクイズプレイによって得点しようとしたときに、この妨害があった場合にはボールデッドとし、三塁走者の得点を認め、打者には一塁が与えられる。
 三塁走者が盗塁またはスクイズプレイで得点しようとしていなかったときに、捕手が打者を妨害した場合にはボールデッドとし、打者に一塁が与えられ、そのために塁を明け渡すことになった走者は進塁する。盗塁を企てていなかった走者と塁を明け渡さなくてもよい走者は、妨害発生の瞬間に占有していた塁にとめおかれる。