5.10 プレーヤーの交代(a)〜(j)

目次

  1. 1 (a)プレーヤーの交代は、試合中ボールデッドのときなら、いつでも許される。
  2. 2 (b)監督は、プレーヤーの交代があった場合には、直ちにその旨を球審に通告し、あわせて打撃順のどこに入れるかを明示しなければならない。
  3. 3 (c)交代通告を受けた球審は、直ちにその旨を自ら発表するか、または発表させる義務がある。
  4. 4 (d)いったん試合から退いたプレーヤーは、その試合には再び出場することはできないが、プレーヤー兼監督に限って、控えのプレーヤーと代わってラインナップから退いても、それ以後コーチボックスに出て指揮する事は許される。
  5. 5 (e)打順表に記載されているプレーヤーは、他のプレーヤーの代走をすることは許されない。
  6. 6 (f)4.03a、4.03bの手続きによって球審に手渡された打順表に記載されている投手は、第1打者またはその代打者がアウトになるかあるいは一塁に達するまで、投球する義務がある。
  7. 7 (g)ある投手に代わって救援に出た投手は、そのときの打者または代打者がアウトになるか一塁に達するか、あるいは攻守交代になるまで、投球する義務がある。
  8. 8 (h)規則で代わることが許されていない投手に代わって他のプレーヤーが出場した場合には、審判員は、規則を正しく適用するために、正規の投手に試合に戻ることを命じなければならない。
  9. 9 (i)すでに試合に出場している投手がイニングの初めにファウルラインを越えてしまえば、その投手は、第1打者がアウトになるかあるいは一塁に達するまで、投球する義務がある。
  10. 10 (j)交代発表のなかったプレーヤーの取り扱い
  11. 11 (k)両チームのプレーヤー及び控えのプレーヤーは、実際に競技に携わっているか、競技に出る準備をしているか、あるいは一塁または三塁のベースコーチに出ている場合を除いて、そのチームのベンチに入っていなければならない。

(a)プレーヤーの交代は、試合中ボールデッドのときなら、いつでも許される。

代わって出場したプレーヤーは、そのチームの打撃順に従って、退いたプレーヤーの順番を受け継いで打つ。

(b)監督は、プレーヤーの交代があった場合には、直ちにその旨を球審に通告し、あわせて打撃順のどこに入れるかを明示しなければならない。

【原注】

 守備側チームのプレーヤーが2人以上同時に代わって出場したときは、その代わって出場したプレーヤーが守備位置に着く前に、監督は直ちにそのプレーヤーの打撃順を球審に示し、球審はこれを公式記録員に通告する。
 この通告がなかったときは、球審は、代わって出場したプレーヤーの打撃順を指定する権限を持つ。
 ダブルスイッチ(投手交代と同時に野手も交代させて、打撃順を入れ替える)の場合、監督はファウルラインを越える前に、まず球審に複数の交代と入れ替わる打撃順を通告しなければならない。監督またはコーチがファウルラインを越えたら、それ以後ダブルスイッチはできない。
 試合から退いたプレーヤーは、ベンチに入って、そのチームとともに残ることはできる。また投手のウォームアップの相手をすることもできる。プレーヤー兼監督が控えのプレーヤーと代わって退いた場合、ベンチまたはコーチスボックスから指揮を続ける事は出来る。
 審判員は、試合から退いてベンチに残ることを許されたプレーヤーが相手チームのプレーヤー、監督または審判員に対して、やじをとばすことは許さない。

【注】

 我が国では、本項〔原注〕前段については、所属する団体の規定に従う。

(c)交代通告を受けた球審は、直ちにその旨を自ら発表するか、または発表させる義務がある。


(d)いったん試合から退いたプレーヤーは、その試合には再び出場することはできないが、プレーヤー兼監督に限って、控えのプレーヤーと代わってラインナップから退いても、それ以後コーチボックスに出て指揮する事は許される。

 守備側チームのプレーヤーが2人以上同時に代わって出場したときは、その代わって出場したプレーヤーが守備位置に着く前に、監督は直ちにそのプレーヤーの打撃順を球審に示し、球審はこれを公式記録員に通告する。
 この通告がなかったときは、球審は、代わって出場したプレーヤーの打撃順を指定する権限を持つ。

【原注】

 同一イニングでは、投手が一度ある守備位置についたら、再び投手となる以外他の守備位置に移ることはできないし、投手に戻ってから投手以外の守備位置に移ることもできない。
 投手以外の負傷退場した野手に代わって出場したプレーヤーには、5球を限度としてウォームアップが許される。(投手については、5.07bに規定がある)

【注】

 アマチュア野球では、試合から退いたプレーヤーが、ベースコーチとなることを認めることもある。

(e)打順表に記載されているプレーヤーは、他のプレーヤーの代走をすることは許されない。

【原注】

 この規則は、〝コーティシーランナー〟(相手の行為で適宜に許される代走者)の禁止を意味している。試合に出場しているプレーヤーは、他のプレーヤーの為に、コーティシーランナーになる事を許されず、一旦試合から退いたプレーヤーも同様である。打順表に記載されていないプレーヤーでも、一度走者として出たならば、代わって出場したプレーヤーと同様にみなす。

(f)4.03a4.03bの手続きによって球審に手渡された打順表に記載されている投手は、第1打者またはその代打者がアウトになるかあるいは一塁に達するまで、投球する義務がある。

ただし、その投手が負傷または病気のために、投球が不可能になったと球審が認めた場合を除く。

(g)ある投手に代わって救援に出た投手は、そのときの打者または代打者がアウトになるか一塁に達するか、あるいは攻守交代になるまで、投球する義務がある。

ただし、投手が負傷または病気のために、それ以降投手としての競技続行が不可能になったと球審が認めた場合を除く。

(h)規則で代わることが許されていない投手に代わって他のプレーヤーが出場した場合には、審判員は、規則を正しく適用するために、正規の投手に試合に戻ることを命じなければならない。

 万一、誤って出場した投手が、指摘されないまま打者へ1球を投げるか、または塁上の走者がアウトになった場合には、そのピッチャーは正当化されて、以降のプレイはすべて有効となる。

【原注】

 監督が規則に違反して投手を退かせようとしたときには、審判員はその監督に不可能である旨を通告しなければならない。たまたま、球審が看過して規則で許されていない投手の出場を発表してしまった場合でも、その投手が投球する前なら正しい状態に戻すことができる。万一、誤って出場した投手が1球を投じてしまえば、その投手は正規の投手となる。

(i)すでに試合に出場している投手がイニングの初めにファウルラインを越えてしまえば、その投手は、第1打者がアウトになるかあるいは一塁に達するまで、投球する義務がある。

 ただし、その打者に代打者が出た場合、またはその投手が負傷または病気のために、投球が不可能になったと球審が認めた場合を除く。
 また、投手が塁上にいるとき、または投手の打席で前のイニングが終了して、投手がダッグアウトに戻らずにマウンドに向かった場合は、その投手は、準備投球のために投手板を踏まない限り、そのイニングの第1打者に投球する義務はない。

(j)交代発表のなかったプレーヤーの取り扱い

 代わって出場したプレーヤーは、たとえ発表がなくとも、次のときから、試合に出場したものとみなされる。
(1)投手ならば、プレート上に位置したとき。
(2)打者ならば、バッタースボックスに位置したとき。
(3)野手ならば、退いた野手の普通の守備位置についてプレイが始まったとき。
(4)走者ならば、退いた走者が占有していた塁に立ったとき。
 本項で、出場したものと認められたプレーヤーが行ったプレイ、及びそのプレーヤーに対して行われたプレイは、すべて正規のものとなる。

(k)両チームのプレーヤー及び控えのプレーヤーは、実際に競技に携わっているか、競技に出る準備をしているか、あるいは一塁または三塁のベースコーチに出ている場合を除いて、そのチームのベンチに入っていなければならない。

 試合中は、プレーヤー、控えのプレーヤー、監督、コーチ、トレーナー、バットボーイの他は、いかなる人もベンチに入ることは許されない。

【ペナルティー】

 本条項に違反したときは、審判員は、警告を発した後、その反則者を競技場から除くことができる。

【注1】

 次打者席には、次打者またはその代打者以外は入ってはならない。

【注2】

 ベンチあるいはダッグアウトに入ることのできる者に関しては、プロ野球では各リーグの規約によって定め、アマチュア野球では協会、連盟並びに大会などの規約に基づいて定めている。