5.06 走者(c)ボールデッド

(c)ボールデッド
 次の場合にはボールデッドとなり、走者は1個の進塁が許されるか、または帰塁する。その間に走者はアウトにされることはない。

(1)投球が、正規に位置している打者の身体、または着衣に触れた場合→次塁に進むことが許された走者は進む。

(2)球審が盗塁を阻止しようとしたり、塁上の走者をアウトにしようとする捕手の送球動作を妨害(インターフェア)した場合→各走者は戻る。

【付記】

捕手の送球が走者をアウトにした場合には、妨害がなかったものとする。

【原注】

 捕手の送球動作に対する球審の妨害には、投手への返球も含む。

【注】

 捕手の送球によってランダウンプレイが始まろうとしたら、審判員は直ちに”タイム”を宣告して、走者を元の塁に戻す。
<5.02-2015>ボールデッドとなった際は、各プレーヤーはアウトになったり、進塁したり帰塁したり、得点することはできない。ただし、ボールインプレイ中に起きた行為(例えばボーク、悪送球、インターフェア、ホームランまたはプレイングフィールドの外に出たフェアヒット)などの結果、1個またはそれ以上の進塁が認められた場合を除く。

(3)ボークの場合→各走者は進む。

6.02ペナルティ参照)

(4)反則打球の場合→各走者は戻る。

(5)ファウルボールが捕球されなかった場合→各走者は戻る。

球審は塁上の走者が、元の塁にリタッチするまで、ボールインプレイの状態にしてはならない。

(6)内野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域で走者または審判員に触れた場合、あるいは内野手(投手を除く)を通過していないフェアボールが、審判員に触れた場合→打者が走者となったために、塁を明け渡す義務が生じた各走者は進む。

 走者がフェアボールに触れても、次の場合には審判員はアウトを宣告してはならない。なお、この際は、ボールインプレイである。
(A)いったん内野手に触れたフェアボールに触れた場合。
(B)一人の内野手に触れないでその股間または側方を通過した打球にすぐその後方で触れても、この ボールに対して他のいずれの内野手も守備する機会がなかったと審判員が判断した場合。

【原注】

 打球が投手を通過してから内野内に位置していた審判員に触れた場合は、ボールデッドとなる。フェア地域で野手によってそらされた打球がまだインフライトの状態のまま、走者または審判員に触れ地上に落ちるまでに、内野手によって捕球されても、捕球とはならず、ボールインプレイの状態は続く。

【注】

 フェアボールがファウル地域で審判員に触れた場合、ボールインプレイである。
             

(7)投球が球審か捕手のマスク、または用具に挟まって止まった場合→各走者は進む。

【原注】

 チップした打球が球審に当たってはね返ったのを、野手が捕らえても、ボールデッドとなって、打者はアウトにならない。チップした打球が、球審のマスクや用具にはさまって止まっても同様である。
 第三ストライクと宣告された投球が、捕手を通過して球審に当たったときは、ボールインプレイである。球審に当たってはね返ったボールが地上に落ちる前に捕球されても、打者は直ちにアウトにはならない。ボールインプレイであり、打者は一塁に触れる前に、その身体または一塁に触球されて、初めてアウトになる。
 第三ストライクと宣告された投球またはフォアボールの投球が、球審か捕手のマスクまたは用具に挟まって止まった場合、打者には一塁が与えられ、塁上の走者には1個の進塁が許される。

(8)正規の投球が、得点しようとしている走者に触れた場合→各走者は進む。