5.06 走者(a)塁の占有

(a)塁の占有<7.01-2015>

(1)塁を占有する権利

 走者がアウトになる前に他の走者の触れていない塁に触れれば、その塁を占有する権利を獲得する。
 その走者は、アウトになるか、その塁に対する正規の占有権を持っている他の走者のためにその塁を明け渡す義務が生じるまで、その権利が与えられる。

5.06a・c原注】 元の塁には戻れない

 走者が塁を正規に占有する権利を得て、しかも投手が投球姿勢に入った場合は、もとの占有塁に戻ることは許されない。

(2)塁を占有する権利は前位の走者

 二人の走者が同時に一つの塁を占有することは許されない。ボールインプレイの際、二人の走者が同一の塁に触れているときは、その塁を占有する権利は前位の走者に与えているから、後位の走者はその塁に触れていても触球されればアウトになる。ただし、本条(b)(2)項適用の場合を除く。