8.06 監督が投手のもとへ行く制限

8.06 監督が投手のもとへ行く制限
 プロフェッショナルリーグは、監督またはコーチが投手のもとへ行くことに関して、次の制限を適用しなければならない。

            8.06a

 本条は、監督またはコーチが、1イニングに同一投手のもとへ行ける回数を制限する規則である。

            8.06b 1イニングに2回同一投手のもとへ行けば投手交代

 監督またはコーチが、1イニングに同一投手のもとへ二度目に行けば、その投手は自動的に試合から退かなければならない。

            8.06c 打者が打撃中は2回投手のもとへ行けない

 監督またはコーチは、そのときの打者が打撃を続けている限り、再びその投手のもとへ行くことはできない。

            8.06d 代打者がでれば2回投手のもとへ行ける

 攻撃側がその打者に代打者を出した場合には、監督またはコーチは再びその投手のもとへ行ってもよいが、その投手は試合から退かなければならない。
 監督またはコーチが投手のもとへ行った後、投手板を囲んでいる18フィートの円い場所を離れたら、一度言ったことになる。

                【8.06原注】

 監督(またはコーチ)が、捕手または内野手のところへ行き、その野手がそのままマウンドに行ったり、投手が、守備位置にいるその野手のところへ行ったときは、監督(またはコーチ)がマウンドに行ったものと同様に扱われる。ただし、1球が投じられた後、またはプレイが行われた後は、この限りではない。
 監督(またはコーチ)が、捕手または内野手のところへ行き、その野手が投手と相談するためにマウンドに行って、本規則の適用を逃れようとしたり、本規則をだし抜こうとするいかなる企ても、すべてマウンドへ行った回数に数えられる。
 コーチがマウンドに行って投手を退け、新しく出てきた投手に指示を与えるために監督がマウンドに行ったときは、そのイニングで新しい投手のもとへ一度行ったことになる。
 監督が既に一度投手のもとへ行っているので、同一イニングで同一投手へ、同一打者のときには、もう一度行くことはできないと審判員が警告したにもかかわらず、監督が行った場合、その監督は試合から除かれ、投手は直ちに退かないでその打者がアウトになるか、走者になるまで投球し、その義務を果たした後に試合から退かなければならない。この場合、監督は、その投手は1人の打者に投球したら交代しなければならなのだから、リリーフ投手にウォームアップさせておかなければならない。リリーフ投手は、審判員の適宜な判断において、8球またはそれ以上の準備投球が許される。
 投手が負傷を受けたとき、監督がその投手のもとへ行きたいときには、審判員にその許可を要請することができる。許可があれば、マウンドに行く回数には数えられない。

                【注1】

 我が国では、本条にある、〝投手板を囲んでいる18フィートの円い場所〟を〝ファウルライン〟と置き換えて適用する。

                【注2】

 監督(またはコーチ)が投手のもとへ行った後、ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手は、そのときの打者がアウトになるか、走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない。ただし、その打者に代打者が出た場合は、この限りではない。

                【注3】

 監督(またはコーチ)が投手の元へ行った回数を数えるにあたって、投手交代の通告が行われた後、プレイが再開されるまでに新しく出てきた投手のもとへ監督(またはコーチ)が行った場合、監督(またはコーチ)がマウンドに行って投手を退け、そのまま留まって新しく出てきた投手に指示を与えて引き上げた場合、いずれも一度とは数えないが、次の場合は、いずれも監督(またはコーチ)が投手のもとへ行った回数として数える。
    1. 監督(またはコーチ)がファウルライン近くまできて投手に指示を与えた場合。ただし、ファウルライン近くまできたが、投手に指示を与えることもなくそのまま思い直して引き返した場合を除く。
    2. 投手の方からファウルラインを越えて、監督(またはコーチ)の指示を受けた場合。
    3. コーチがマウンドに行って投手を退け、ファウル地域まで戻ってきて監督と打ち合わせてから、新しく出てきた投手のもとへ行った場合。

                【注4】

 コーチ(または監督)が、マウンドに行って投手を退け、新しく出てきた救援投手に指示を与えるために監督(またはコーチ)がマウンドに行った後、そのときの打者に代打者が出されたとき、監督(またはコーチ)が再びその投手のもとへ行くことは許されるが、その投手は直ちに試合から退くことはできず、その代打者がアウトになるか、走者になるか、攻守交代になるまで投球した後に、退かなければならない。

                【注5】

 アマチュア野球では、本条については、各連盟の規定を適用する。