7.10 アピールアウト

目次

  1. 1                 7.10a リタッチ
    1. 1.1                 【原注】 リタッチとは
  2. 2                 7.10b 塁の空過
    1. 2.1                 【付記】 塁の踏み直しが出来ない場合
      1. 2.1.1                 1.後位の走者が得点してしまえばその空過した塁を踏み直すことは許されない。
      2. 2.1.2                 2.ボールデッドのもとでは空過した塁の次の塁に達すればその空過した塁を踏む直すことは許されない。
    2. 2.2                 【原注】 踏み直しが出来ない例
    3. 2.3                 【注1】
    4. 2.4                 【注2】
    5. 2.5                 【注3】 投手が正規に投手板に位置した後、本塁の踏み直しは出来ない
    6. 2.6                 【注4】 飛球を捕球後のリタッチにも適応
  3. 3                 7.10c 一塁をオーバーラン後の触球
  4. 4                 7.10d 本塁空過時の触球
    1. 4.1                 【7.10原注】 ボークでアピール権は消滅
    2. 4.2                 【注1】 野手のプレイが介在した時もアピール権は消滅
    3. 4.3                 【注2】 投手、内野手がフェア地域を離れたらアピール権は消滅
    4. 4.4                 【注3】 アピールは、はっきりと表示
      1. 4.4.1                 【問1】
      2. 4.4.2                 【答1】
      3. 4.4.3                 【問2】
      4. 4.4.4                 【答2】
      5. 4.4.5                 【問3】
      6. 4.4.6                 【答3】
      7. 4.4.7                 【問4】
      8. 4.4.8                 【答4】

            7.10 アピールアウト

 次の場合アピールすれば走者はアウトになる。

                7.10a リタッチ

 飛球が捕らえられた後、走者が再度の触塁(リタッチ)を果たす前に、身体あるいはその塁にタッチされた場合。

                【原注】 リタッチとは

 ここでいう〝リタッチ〟とは、捕球後、塁に触れた状態から次塁へスタートすることをいう。
 従って、塁の後方からスタートして、走りながら塁に触れて次塁へ進もうとするいわばフライングスタートは、正規のリタッチの方法ではない。

                7.10b 塁の空過

 ボールインプレイのとき、走者が進塁または逆走に際して各塁に触れ損ねたとき、その塁を踏み直す前に、身体あるいは触れ損ねた塁に触球された場合。(7.02:走者〜塁の占有と進塁〜の項参照)

                【付記】 塁の踏み直しが出来ない場合

塁を空過した走者は、

                    1.後位の走者が得点してしまえばその空過した塁を踏み直すことは許されない。

                    2.ボールデッドのもとでは空過した塁の次の塁に達すればその空過した塁を踏む直すことは許されない。

                    【原注】 踏み直しが出来ない例

    例:打者が競技場の外へ場外本塁打を打つか、スタンドに入る二塁打を打って、一塁を空過した(ボールデッド)。打者は二塁に触れる前ならば誤りを正すために一塁に帰ることはできる。しかし、二塁に触れてしまうと、一塁に戻ることができない。守備側がアピールすれば、一塁でアウトが宣告される。

    例:打者が遊撃手にゴロを打ち、遊撃手はスタンドに飛び込む悪送球をした(ボールデッド)。打者は一塁を空過したが、悪送球によって二塁が与えられた。打者走者は、審判員によって二塁が与えられても、二塁に進む前に一塁に触れなければならない。

     いずれもアピールプレイである。

                    【注1】

     本項【付記】1.は、ボールインプレイとボールデッドとを問わず適用される。

                    【注2】

     本項【付記】の場合、塁を空過した走者はアピールがなければアウトにならない。

                    【注3】 投手が正規に投手板に位置した後、本塁の踏み直しは出来ない

     本塁を空過した走者はボールデッドのもとでは、投手が新しいボールかもとのボールを持って正規に投手版に位置すれば本塁を踏み直すことは許されない。

                    【注4】 飛球を捕球後のリタッチにも適応

     本項【付記】は飛球が捕らえられたときのリタッチが早かった走者にも適用される。

                    7.10c 一塁をオーバーラン後の触球

     走者が一塁をオーバーランまたはオーバースライドした後、直ちに帰塁しないとき、身体または塁にタッチされた場合。(7.08j:走者アウトの項参照)

                    7.10d 本塁空過時の触球

     走者が本塁に触れず、しかも本塁に触れ直そうとしないとき、本塁に触球された場合。(7.08k:走者アウトの項参照)
     本項規程のアピールは、投手が打者への次の1球を投じるまで、またはたとえ投球しなくてもその前にプレイをしたりプレイを企てるまでに行わなければならない。
     イニングの表または裏が終わったときのアピールは、守備側チームのプレーヤーが競技場を去るまでに行わなければならない。
     アピールはその消滅の基準となるプレイまたはプレイの企てとはみなさない。
     投手がアピールのために塁に送球し、スタンドの中などボールデッドの箇所にボールを投げ込んだ場合には、同一走者に対して同一塁についてのアピールを再びすることは許されない。
     第三アウトが成立した後、他にアピールがあり審判員がそのアピールを支持した場合には、そのアピールアウトが、そのイニングにおける第三アウトとなる。
     また、第三アウトがアピールによって成立した後でも、守備側チームは、このアウトより他に有利なアピールプレイあれば、その有利となるアピールアウトを選んで、先の第三アウトと置き換えることができる。
     〝守備側チームのプレーヤーが競技場を去る〟とあるのは、投手及び内野手が、ベンチまたはクラブハウスに向かうために、フェア地域を離れたことを意味する。

                    【7.10原注】 ボークでアピール権は消滅

     アピールするときに投手がボークをした場合には、その消滅の基準となるプレイとみなされる。
     アピールは言葉で表現されるか、審判員にアピールとわかる動作によって、その意図が明らかにされなければならない。プレーヤーがボールを手にして塁に何気なく立っても、アピールをしたことにはならない。アピールが行われているときはボールデッドではない。

                    【注1】 野手のプレイが介在した時もアピール権は消滅

     アピール権消滅の基準となるプレイには、投手のプレイはもちろん、野手のプレイも含まれる。例えば打者がワンバウンドで外野席に入るヒットを放って二塁に達したが、途中一塁を空過していた。プレイ再開後投手が一塁へアピールのために送球したところ、悪送球となってプレイングフィールド内を転々とした。これを拾った一塁手が一塁でアピールをすることはできるが、二塁走者がその悪送球を利して三塁へ走ったのを見て三塁へ送球してしまえば、一塁でのアピール権は消滅する。

                    【注2】 投手、内野手がフェア地域を離れたらアピール権は消滅

     攻守交代の場合と試合終了の場合との区別なく、いずれの場合でも投手及び内野手が、フェア地域を離れたときに、アピール権が消滅することとする。
     アマチュア野球では試合終了後の場合に限って、両チームが本塁に整列したとき、アピール権は消滅することとする。

                    【注3】 アピールは、はっきりと表示

     アピールするには、言葉と動作とで、はっきりとその旨を表示しなければならない。
     なお、ある一つの塁を2人以上の走者が通過した際、その塁の空過を発見してアピールするには、どの走者に対するアピールであるかを明示しなければならない。例えば、甲、乙、丙の3人の走者が、三塁を通過し、乙が三塁を踏まなかったときは、乙に対するアピールである旨を明示しなければならないが、もしこのとき甲が空過したと誤って申し出て、審判員に認められなかった場合でも、その塁を空過した走者の数までは、アピールを繰り返して行うことができる。

                    【問1】

     1アウト走者一、三塁のとき、打者は外野に大飛球を打ったので、2人の走者はともに進塁し初めたが、外野手はこの飛球を好捕した。離塁の少なかった三塁走者は三塁へ帰って捕球後改めて本塁へ入った。一塁走者は二塁に触れた後三塁近くまで行ったが、一塁に帰ろうと逆走し始めたので外野手は二塁に送球、二塁手は一塁走者が二塁に触れる前に塁上でボールを持ってアピールした。ダブルプレイか。

                    【答1】

     ダブルプレイではない。その走者が一塁に帰るためには二塁を通る必要があるからといって、二塁に触球してもアウトにはできない。その走者に触球するか、または進塁の起点となる塁、すなわち一塁に触球しなければならない。

                    【問2】

     1アウト走者一塁のとき、打者が外野へ大飛球を打ち、走者が二塁を回って三塁近くまで行ったとき、飛球が捕らえられたので二塁に触れないで一塁へ帰ろうとした。 どんな方法でアピールをすれば走者をアウトにできるか。

                    【答2】

     走者にタッチするか二塁または一塁にタッチしてアピールすればよい。

                    【問3】

     2アウト走者二塁のとき、打者が三塁打を打ち走者を得点させたが、打者は一塁も二塁も踏まなかった。守備側は二塁にタッチしてアピールしアウトが宣告された。得点となるか。

                    【答3】

     得点は認められる。しかし守備側が最初から一塁でアピールしておれば得点は認められない。また二塁から一塁に転送球して再びアピールすれば一塁でのアピールアウトを先の第三アウトと置き換えることができるから、得点とはならない。

                    【問4】

     1アウト走者一、二塁、打者が右翼へ大飛球を打ったとき、安打になると思った2人の走者は、フライが飛んでいる間進塁し続け、右翼手がこれを捕らえたにもかかわらず、二塁走者はそのまま本塁を踏んだ。しかし一塁走者は捕球されたのを見て一塁に引き返そうとした。右翼手は一塁へ送球、一塁手は一塁走者が帰塁するより先に塁に触球して、アウトにした。二塁走者は一塁走者がアウトになるより先に本塁を踏んでいるが、その得点は認められるか。

                    【答4】

     守備側が二塁でアピールしない限り、二塁走者の得点は認められる。しかし、守備側は、アピールによる第三アウトの成立後であっても、このアウトよりも有利となるアピールアウトを先の第三アウトと置き換えることができるから、二塁でアピールすれば、リタッチを果たしていない二塁走者はアウトになり、得点とはならない。