7.07 スクイズプレイの妨害

            7.07 スクイズプレイの妨害

 三塁走者が、スクイズプレイまたは盗塁によって得点しようと試みた場合、捕手またはその他の野手がボールを持たないで、本塁の上またはその前方に出るか、あるいは打者または打者のバットに触れたときには、投手にボークを課して、打者はインターフェアによって一塁が与えられる。この際はボールデッドとなる。

                【注1】

 捕手がボールを持たないで本塁の上またはその前方に出るか、あるいは打者または打者のバットに触れた場合は、すべて捕手のインターフェアとなる。
 特に、捕手がボールを持たないで本塁の上またはその前方に出た場合には、打者がバッタースボックス内にいたかどうか、あるいは打とうとしたかどうかに関係なく、捕手のインターフェアとなる。またその他の野手の妨害というのは、例えば、一塁手などが著しく前進してきて、投手の投球を本塁通過前にカットしてスクイズプレイを妨げる行為などを指す。

                【注2】 全ての走者にテイク1

 すべての走者は、盗塁行為の有無に関係なく、ボークによって1個の塁が与えられる。

                【注3】 ボークよりもスクイズプレイの妨害が優先

 本条は、投手の投球が正規、不正規に関わらず適用される。

                【注4】

 投手が投手板を正規にはずして走者を刺そうと送球したときには、捕手が本塁上またはその前方に出ることは、正規なプレイであって、打者がこの送球を打てば、かえって打者は守備妨害として処置される。