6.09 打者が走者となる場合

            6.09 打者が走者となる場合

 次の場合、打者は走者となる。

                6.09a フェアボールを打つ

 フェアボールを打った場合。

                6.09b 振り逃げ

  1. 走者が一塁にいないとき、
  2. 走者が一塁にいても2アウトのとき、
捕手が第3ストライクと宣告された投球を捕らえなかった場合。

                【原注】

 第3ストライクと宣告されただけでまだアウトになっていない打者が、気づかずに、一塁に向かおうとしなかった場合、その打者は〝ホームプレートを囲む土の部分〟を出たら直ちにアウトが宣告される。

                6.09c フェア地域で審判員または走者に打球が触れる

 野手(投手を除く)を通過したか、または野手(投手を含む)に触れたフェアボールが、フェア地域で審判員または走者に触れた場合。

                6.09d 本塁打、二塁打

 フェア飛球が、本塁からの距離が250フィート(76.199メートル)以上あるフェンスを越えるか、スタンドに入った場合、打者がすべての塁を正規に触れれば、本塁打が与えられる。
 フェア飛球が、本塁からの距離が250フィート(76.199メートル)未満のフェンスを越えるか、スタンドに入った場合は、二塁打が与えられる。

                6.09e 二塁打

 フェアボールが、地面に触れた後、バウンドしてスタンドに入った場合、またはフェンス、スコアボード、灌木およびフェンス上のつる草を抜けるか、その下をくぐるか挟まって止まった場合には、打者、走者ともに2個の進塁権が与えられる。

                【注】

〝地面に触れた〟とあるのは、インフライトでない状態を指す。

                6.09f 二塁打

 フェアボール(地面に触れたものでも、地面に触れないものでも)が、フェンス、スコアボード、灌木およびフェンス上のつる草を抜けるか、その下をくぐった場合、フェンスまたはスコアボードの隙間を抜けた場合、あるいはフェンス、スコアボード、灌木およびフェンスのつる草に挟まって止まった場合には、打者、走者ともに2個の進塁権が与えられる。

                6.09g バウンドしたフェアボールが野手に触れた後スタンドに入る

 バウンドしたフェアボールが、野手に触れて進路が変わり、フェア地域またはファウル地域のスタンドに入った場合か、フェンスを越えるか、くぐるかした場合、打者、走者ともに2個の進塁権が与えられる。

                6.09h フェア飛球が野手に触れた後スタンドに入る

 フェア飛球が野手に触れて進路が変わり、
①ファウル地域のスタンドに入るか、またはファウル地域のフェンスを越えた場合→打者に2塁が与えられる。
②フェア地域のスタンドに入るか、またはフェア地域のフェンスを越えた場合→打者に本塁が与えられる。
 ただし、②の場合、そのスタンドまたはフェンスが、本塁から250フィート(76.199メートル)未満の距離にあるときは、打者に二塁が与えられるだけである。

                【注】

 本条各項で、打者、走者ともに2個の進塁権が与えられる場合は、投手の投球当事に占有していた塁を基準とする。