6.07 打順の誤り

            6.07 打撃順に誤りがあった場合

                6.07a 不正位打者の打撃完了前にアピールがあれば、正位打者が打撃を引き継ぐ

 打順表に記載されている打者が、その番のときに打たないで、番でない打者(不正位打者)が打撃を完了した(走者となるか、アウトになった)後、相手方がこの誤りを発見してアピールすれば、正位打者はアウトを宣告される。
 ただし、不正位打者の打撃完了前ならば、正位打者は、不正位打者の得たストライク及びボールのカウントを受け継いで、これに代わって打撃につくことは差し支えない。

                6.07b 不正位打者の打撃完了直後にアピールがあれば正位打者はアウト。

 不正位打者が打撃を完了したときに、守備側チームが〝投手の投球〟前に球審にアピールすれば、球審は、
(1)正位打者にアウトを宣告する。
(2)不正位打者の打球によるものか、または不正位打者が安打、失策、四死球、その他で、一塁に進んだことに起因した、すべての進塁及び得点を無効とする。

            【付記】 不正位打者の打撃以外のプレイは有効

 走者が、不正位打者の打撃中に盗塁、ボーク、暴投、捕逸などで進塁することは正規の進塁とみなされる。

            【注1】 アピールのための送球などは、ここでいう〝プレイ〟に含まれない。

 本条6.07b6.07c6.07d項でいう、〝投手の投球〟とは、投手が次に面した打者(いずれのチームの打者かを問わない)へ1球を投じた場合はもちろん、たとえ投球しなくても、その前にプレイをしたりプレイを企てた場合も含まれる。
 ただし、アピールのための送球などは、ここでいう〝プレイ〟に含まれない。

            【注2】 不正位打者の打撃行為によるすべてのプレイが無効

 不正位打者の打球によるものか、不正位打者が一塁に進んだことに起因した、すべての進塁及び得点を無効とするとあるが、進塁だけに限らず、不正位打者の打撃行為によるすべてのプレイを無効とする。すなわち、不正位打者の二ゴロで一塁走者が二塁でフォースアウトにされた後、アピールによって正位打者がアウトの宣告を受ければ、一塁走者のフォースアウトは取り消される。

                6.07c 次打者への投球前にアピールがなかった場合には、不正位打者は正位打者

 不正位打者が打撃を完了した後、〝投手の投球〟前にアピールがなかった場合には、不正位打者は正位打者として認められ、試合はそのまま続けられる。

                6.07d 次の打順の正打者とは

  1.  正位打者が、打撃順の誤りを発見されてアウトの宣告を受けた場合には、その正位打者の次の打順の打者が正規の次打者となる。
  2.  不正位打者が〝投手の投球〟前にアピールがなかったために、正位打者と認められた場合は、この正位化された不正位打者の次に位置する打者が正規の次打者となる。不正位打者の打撃行為が正当化されれば、直ちに、打順はその正位化された不正位打者の次の打者に回ってくる。

            【原注】 審判員は不正位打者の注意を喚起すべからず

 審判員は、不正位打者がバッターボックスに立っても、何人にも注意を喚起してはならない。各チームの監督、プレーヤーの不断の注意があって、はじめて本条の適用が可能となる。

            【規則説明】

 打順を次のように仮定して、打順の誤りによって生じる種々の状態を例示する。
打順・・・123456789
打者・・・ABCDEFGHI

        【例題1】

 Aの打順にBがバッターボックスに入って、投球カウントが2-1となったとき、
(a)攻撃側が打順の誤りに気がついた。
(b)守備側はアピールした。

        【例題1の解答】

 どちらの場合も、Aはカウント2-1を受け継いでBと代わる。この際アウトはない。

        【例題2】

 Aの打順にBが打ち、2塁打を放った。この場合、
(a)守備側は直ちにアピールした。
(b)守備側はCに1球が投じられた後アピールした。

        【例題2の解答】

 (a)正位打者Aはアウトの宣告を受け、Bが正規の次打者となる。
 (b)Bはそのまま二塁に留まり、Cが正規の次打者となる。

        【例題3】

 A、Bともに四球、Cはゴロを打ってBをフォースアウトとして、Aを三塁へ進めた後、Dの打順にEがバッターボックスに入った。その打撃中に暴投があって、Aは得点し、Cは二塁へ進んだ。Eがゴロを打ってアウトとなり、Cを三塁に進めた。この場合、
(a)守備側は直ちにアピールした。
(b)守備側は、次バッターボックスに入ったDへの1球が投じられた後アピールした。

        【例題3の解答】

 (a)正位打者Dがアウトの宣告を受け、Eの打撃行為のために三塁に進んだCは二塁に戻されるが、暴投によるAの得点及びCの二塁への進塁は、Eの打撃行為とは関係なく行われた進塁だから有効となる。Eは次打者となって再び打たなければならない。
 (b)Aの得点は認められCは三塁に留まる。正位化したEの次のFが正規の次打者となる。

        【例題4】

 2アウト満塁で、Fの打順にHが出て三塁打し、全走者を得点させた。この場合、
(a)守備側は直ちにアピールした。
(b)守備側はGに1球が投じられた後、アピールした。

        【例題4の解答】

 (a)正位のFはアウトの宣告を受け、得点は全部認められない。Gが次回の第一打者となる。
 (b)Hは三塁に留まり、3点が記録される。Iが正規の次打者となる。

        【例題5】

 2アウト満塁で、Fの打順にHが出て三塁打し、全走者を得点させ3点を記録し、続いてバッターボックスに入ったGへの1球が投じられた後、
 (a)Hは3塁で投手の送球によりアウトになり、攻守交代となった。
 (b)Gが飛球を打ってアウトとなり攻守交代したがアピールがなく相手チームが攻撃に移った。2つの場合では誰が次回の第一打者となるか。

        【例題5の解答】

 (a)Ⅰである。Gへの1球が投じられたのでHの3塁打は正当化され、Ⅰが正規の次打者となる。
 (b)Hである。相手チームの第一打者への1球が投じられるまでにアピールがなかったのでGの打撃行為は正当化されるから、Hが正規の次打者となる。

        【例題6】

 Aの打順にDが出て四球を得た後、Aがバッターボックスについて1球が投じられた。その際、Aへの投球前にアピールがあれば、正位打者のAがアウトの宣告を受けて、Dの四球は取り消され、Bが正規の次打者となるが、すでにAに1球が投じられたためにDの四球は正当化され、Eが正規の次打者となる。ところが不正位のAはそのまま打撃を続けてフライアウトとなり、Bがバッターボックスについてしまった。この際もBに1球が投じられるまでにアピールがあれば正位打者のEがアウトの宣告を受けてFが正規の次打者となるはずだが、またしてもアピールがなくBに1球が投じられたので、こんどはAの打撃行為が正当化されてBが正規の次打者となった。そのBがフォアボールを得てDを二塁へ進め次打者のCは飛球を打ってアウトになった。Dが正規の次打者であるはずだが二塁走者となっている。この際だれが正規の次打者となるか。

        【例題6の解答】

 Dは打順を誤っているがすでに正当化され、しかも塁上にいるからDを抜かしてEを正規の次打者とする。