3.03 プレーヤーの交代

3.03 プレーヤーの交代

 プレーヤーの交代は、試合中ボールデッドのときなら、いつでも許される。代わって出場したプレーヤーは、そのチームの打撃順に従って、退いたプレーヤーの順番を受け継いで打つ。いったん試合から退いたプレーヤーは、その試合には再び出場することはできないが、プレーヤー兼監督に限って、控えのプレーヤーと代わって来ナップから退いても、それ以後コーチボックスに出て指揮する事は許される。
 守備側チームのプレーヤーが2人以上同時に代わって出場したときは、その代わって出場したプレーヤーが守備位置に着く前に、監督は直ちにそのプレーヤーの打撃順を球審に示し、球審はこれを公式記録員に通告する。
 この通告がなかったときは、球審は、代わって出場したプレーヤーの打撃順を指定する権限を持つ。

                【原注】

 同一イニングでは、投手が一度ある守備位置についたら、再び投手となる以外他の守備位置に移ることはできないし、投手に戻ってから投手以外の守備位置に移ることもできない。
 投手以外の負傷退場した野手に代わって出場したプレーヤーには、5球を限度としてウォームアップが許される。(投手については、8.03参照)

                【注】

 アマチュア野球では、試合から退いたプレーヤーが、ベースコーチとなることを認めることもある。