2.45~63 用語の定義 L~P

目次

  1. 1             2.45 LEAGUE「リーグ」
  2. 2             2.46 LEAGUE PRESIDENT「リーグプレジデント」(リーグ会長)
  3. 3             2.47 LEGAL or LEGALLY「リーガル」
  4. 4             2.48 LIVE BALL「ライブボール」
  5. 5             2.49 LINE DRIVE「ラインドライブ」(ライナー)
  6. 6             2.50 MANAGER「マネージャー」(監督)
  7. 7             2.51 OBSTRUCTION「オブストラクション」(走塁妨害)
  8. 8             2.52 OFFENCE「オフェンス」(攻撃側)
  9. 9             2.53 OFFICIAL SCORER「オフィシャルスコアラー」公式記録員
  10. 10             2.54 ORDINARY EFFORT「オーディナリーエフォート」
  11. 11             2.55 OUT「アウト」
  12. 12             2.56 OUTFIELDER「アウトフィールダー」(外野手)
  13. 13             2.57 OCERSLIDE or OVERSLIDING「オーバースライド」
  14. 14             2.58 PENARTY「ペナルティ」
  15. 15             2.59 PERSON of Player or Umpire「パーソンオブプレーヤー、オア、アンパイア」(プレーヤーまたは審判員の体)
  16. 16             2.60 PITCH「ピッチ」(投球)
  17. 17             2.61 PITCHER「ピッチャー」(投手)
  18. 18             2.62 Pitcher's PIVOT FOOT「ピッチャース・ピボットフット」(ピッチャーの軸足)
  19. 19             2.63 PLAY「プレイ」

            2.45 LEAGUE「リーグ」

 割愛

            2.46 LEAGUE PRESIDENT「リーグプレジデント」(リーグ会長)

 割愛

            2.47 LEGAL or LEGALLY「リーガル」

 本規則に準拠した事をいう。

            2.48 LIVE BALL「ライブボール」

 インプレイのボールをいう。

            2.49 LINE DRIVE「ラインドライブ」(ライナー)

 割愛

            2.50 MANAGER「マネージャー」(監督)

 割愛

            2.51 OBSTRUCTION「オブストラクション」(走塁妨害)

 野手がボールを持たないときか、あるいはボールを処理する行為をしていないときに、走者の走塁を妨げる行為である。
7.06a:走者に対してプレイが行われている場合)
7.06b:走者に対してプレイが行われていない場合)

        【原注】

 本項でいう〝野手がボールを処理する行為をしている〟とは、野手がまさに送球を捕ろうとしているか、送球が直接野手に向かってきており、しかも十分近くにきていて、野手がこれを受け止めるにふさわしい位置を占めなければならなくなった状態をいう。これは一に審判員の判断に基づくものである。野手がボールを処理しようとして失敗した後は、もはやボールを処理している野手とはみなされない。例えば、野手がゴロを捕ろうとして飛びついたが捕球できなかった。ボールは通り過ぎていったのにもかかわらずグラウンドに横たわったままでいたので、ランナーの走塁を遅らせたような場合、その野手は走塁妨害をしたことになる。

            2.52 OFFENCE「オフェンス」(攻撃側)

 攻撃中のチーム、またはそのプレーヤーをいう。

            2.53 OFFICIAL SCORER「オフィシャルスコアラー」公式記録員

10.00参照

            2.54 ORDINARY EFFORT「オーディナリーエフォート」

 普通の守備行為。
 天候やグランドの状況を考慮にいれ、あるプレイに対して、各リーグの各守備位置で平均的技量を持つ野手の行う守備行為をいう。

        【原注】

 この用語は、規則2.40の他記録に関する規則でたびたび用いられる、ここの野手に対する客観的基準である。言い換えれば、ある野手が、その野手最前のプレイを行ったとしても、そのリーグの同一守備位置の野手の平均的技量に照らして劣ったものであれば、記録員はその野手に失策を記録する。

            2.55 OUT「アウト」

 守備側チームが攻撃側となる為に、相手チームを退けるのに必要な三つのプットアウトのうちの一つである。

            2.56 OUTFIELDER「アウトフィールダー」(外野手)

 競技場の中で、本塁から最も遠い、所謂外野に守備位置をとる野手である。

            2.57 OCERSLIDE or OVERSLIDING「オーバースライド」

 攻撃側プレーヤーが、滑り込みの余勢のために塁から離れて、アウトにされる恐れのある状態におけれる行為をいう。本塁から一塁に進む場合には、直ちに帰ることを条件として、滑り込みの余勢のために塁を離れることは許されている。

            2.58 PENARTY「ペナルティ」

 反則行為に対して適用される規則をいう。

            2.59 PERSON of Player or Umpire「パーソンオブプレーヤー、オア、アンパイア」(プレーヤーまたは審判員の体)

 その身体、着衣及び身につけているもの。

            2.60 PITCH「ピッチ」(投球)

 投手が打者に対して投げたボールをいう。
        【原注】
あるプレーヤーから他のプレーヤーに送られるボールは全て送球である。

            2.61 PITCHER「ピッチャー」(投手)

 打者に投球するようしてされた野手をいう。(8.01

            2.62 Pitcher's PIVOT FOOT「ピッチャース・ピボットフット」(ピッチャーの軸足)

 投手が投球の際、投手板に触れている足をいう。(8.01

            2.63 PLAY「プレイ」

 球審が試合を開始するとき、及びボールデッドの状態から競技を再開するときに用いる命令をいう。